スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファラオラリー2007 を終えて

 今年は、たった1日しか競技参戦できませんでしたが、残りの6日間で非常に多くの事を学んできました。これは、早期リタイアしたからこそ充分な時間があるために出来た事であり、仮にもっと長い時間、競技参戦していた場合には、これだけ多くの事は学べなかったと思います。

 今年のラリー参戦は、翌年以降のラリー完走を見据えた際に、勉強として必要な時間であったのだと思います。

 ボンネットの上からピラミッドを望む

 ただ、今回は車両作製に関しては、各ピットを回り勉強をする時間は充分にありましたが、自分のプラドについて勉強をする時間は、たった1日しかありませんでした。

 エアーリストリクターのついた(排気量の制限された)プラドでの砂丘越えの仕方やスタックする前に車両を脱出させる方法等、もう少しプラドに乗って、そのポテンシャル等を知りたかったと思います。これらは、来年への課題となりました。また、美しい大砂丘との対面も、来年までおあずけです。

 今年、初めて国際格式のレースに参戦し、世界トップレベルの選手とのレベル差を肌で感じたのは然ることながら、「ラリーは、人間的に成長させてくれる」と思う場面が多々ありました。物事へ取り組む姿勢や考え方、何か問題が起こった際の発想転換や解決方法等、人として生きていく上で非常に参考となる事を、沢山教えて頂きました。

 昨年も同様に沢山の事を教えて頂き、かなりの部分で意識改革されましたが、今年は “人間的な成長” という点に於きましては、昨年よりも数倍学んだ様な気がします。

 プラドとキャメルポリス

 これらは、日々の日常生活や将来途上国で巡回診療をする際にも、大いに役に立つ事と思います。非常に学ぶことの多かった、ファラオラリー2007でした。

 また来年、これらの忘れ物を取りに行くために、ファラオラリーに参戦したいと思います。

 【ファラオラリー2007 ご協賛各社 (順不同)】
 eaudevie 橋研 アライズ BRIDE Bell silkolene 
 F&O SYSTEMS Panasonic Alpinestars 
スポンサーサイト

テーマ : モータースポーツ - ジャンル : 車・バイク

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。